【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

学資保険はどのような保険なの?


学資保険は子供の教育費を貯蓄するための保険です

学資保険には、小学校や中学校、高校などの入学時に給付金がもらえるタイプや、18歳など一定の年齢に達した時に満期保険金を受け取ることができるタイプがあります。最大のメリットとして親が死亡した場合は、以後の保険料の支払いは免除されて、さらに満期保険金を受け取ることができる点があります。

子供が産まれたら『学資保険』と考える夫婦も多いのではないでしょうか?「結婚するとダイヤの指輪」に匹敵する「子供が生まれると学資保険」という思考が私達にあるようにさえ感じます。「子供が生まれたら学資保険くらい入りなさい」と祖母になった母親からも聞こえてきそうです。

まずは学資保険の基本的な商品性を確認していきましょう。イメージ画像

学資保険の商品性

子供の教育費を貯める目的ですので、入学などのお金がかかるタイミングを満期にする事が一般的です。保険払い込み期間は、子供にお金の掛からない10年間に限定するタイプや満期日まで掛けるタイプがあります。

学資保険の比較サイトで人気No.1となっているソニー生命の学資保険を具体例に見ていきます。

お子様: 0歳 男性
ご契約者:30歳 男性
計算基準日:2014年03月01日

学資保険 17歳満期
基準学資金額:200万円
保険期間:17歳
保険料払込期間:10歳まで
保険料払込方法:月払/14,540円

ソニー生命の学資保険

この学資保険の例では、1,744,800円の払い込みに対して2,000,000円に増えて受け取る事が出来ます。この低金利下において、174万円が200万円になると嬉しくない人はいないでしょう。返戻率は114.6%です。返戻率の大きさを見て比較される方も多いと思います。

学資保険は商品性がシンプルなため、各保険会社で他の保険商品に比べて比較的有利に(返戻率が高く)商品設計がされています。そのため、保険会社の視点から見ると利益の薄い儲からない商品とも言えます。

しかし学資保険は、ドアノック商品としての側面もあります。保険会社と契約家族との入り口としてライフプランに応じた保険提案をしやすくなるからです。

学資保険を利用するかどうかは一人一人の環境によって結論が異なります。このブログで判断基準となる情報を提供していきます。皆様の充実した生活の一助となればと願いながら学資保険について私の考えをお話していきたいと思います。

学資保険の保険額はいくら必要? ~教育費と児童手当・奨学金の目安から~>>



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-92