【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

養老保険をうまく使いこなすには? メリット編


image38
養老保険は、保険の中で唯一「生死混同保険」と呼ばれる、預貯金に保険がオマケで付加された保険です。生命保険に貯蓄機能が付いているという見方もありますが、支払う保険料に対して、死亡保障が小さいため、保障がオマケといった方が適切でしょう。

養老保険にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。今回は、メリットについて見てみましょう。

 ≪養老保険のメリット≫

1. 元本保証で死亡保障付きの貯蓄ができる

満期時に、払込金額に利子が付いて返ってくるため、元本を毀損せずに貯蓄が可能です。さらに死亡保障がつくので、すぐに使わない安全性を重視した資金ならば、無料で死亡保障を付けるという考え方もできます。

2. 計画的な貯蓄が可能

契約期間中は金利が一定で、かつ、毎月決まった額を積立てていくため、契約した時点で最終的な貯蓄額が分かります。具体的な目標金額が決まっている場合には計算できる資産になります。目標額が決まっている人や、お金を貯めなければいけないのはわかっていても、なかなか貯められない人には、将来の計画が立てやすい商品とも言えます。

また金利が固定ということは、市場金利が高い時期に契約した場合、有利な条件が契約終了まで続くと言うことです。もっとも、金利が低い時期に契約し、その後金利が上がった場合は不利な条件がずっと続くとも言えます。この点は加入前に注意が必要です。

3. 生命保険料控除が受けられる

一定の条件を満たせば、生命保険料控除を受けることができます。年間で数千円程度かも知れませんが、節税の効果を得ることもできます。
生命保険料控除の適用限度額と制度の概要

生命保険料控除の適用限度額と制度の概要  国税庁HPより

4. 他の保険に比べて解約返戻金が高い

保険を契約したけれど、色々考えたり生活環境が変わって、短期間で保険を解約してしまったことはありませんか?おそらくその場合には元本をかなり毀損してしまったかと思います。

全般的に保険は途中解約をすると損金が出ます。本来ならばそのようなことが起こらないように、加入前によく検討しなければいけません。

しかし将来のことなど誰にもわかりませんし、いつも最善の選択ができるほど人間はうまくできていません。急に結婚をすることになったり、思いがけず子供を授かったり、場合によっては災害に襲われたり職を失うことだってあるかも知れません。

不測の事態すべてに対応できる資金がすでに手元にある人は、そもそも保険に入る必要はあまりありません。しかし現実にはそうした富裕層は一握りで、保険を解約せざるをえない状況に直面する契約者の方は決して少なくありません。

そんな時、比較的、解約返戻金が高いのが養老保険です。短いものだと数年ほどで解約時に返ってくるお金が、払込み金額を上回るものもあります。やや後ろ向きな部分もありますが「どうしても保険を解約しなければいけなくなった状況では、軌道修正がしやすい」という側面も持っているのが養老保険なのです。

5. 相続税対策に利用しやすい

養老保険に限らず、貯蓄型の生命保険全般に言えることなので、現預金等との比較になるかとは思いますが、相続対策として利用しやすいのも大きな特徴です。相続税には生命保険の非課税枠があるためです。ある程度の相続財産があるようでしたら、相続対策として養老保険を検討しても良いかも知れません。

また、相続の際には手元に流動性のある現金が必要です。税金の納付は原則として現金になります。親戚との関係性や居住地域、人数等によっては銀行預金等が長期間凍結してしまう恐れもあるため、目先の資金繰りへの対策にも有用です。

 

もちろん、メリットだけでなく、デメリットにも目を向けなければいけません。次回は養老保険のデメリットについて検証して行きたいと思います。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-214