【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

教育資金準備のためのこども保険


子どもが生まれたら家族が増える喜びと共に、親の責任として一番最初に考えなくてはいけないことは教育費です。実際どのような教育をするか、進路はどうするかによっても金額は大きく異なりますが、平均的な金額を知っておくと、今後計画的に準備を進めることができると思います。若い年代はなにかと出費があり、まとまったお金はすぐに準備できませんが、子どもの将来に向けて一日でも早く対策をすることが重要となります。

■平均的な教育費はどれくらいかかるの?

それでは、実際に教育費にどれくらいの金額がかかるのでしょうか。まず小学校から高校までの平均的な教育費を見てみましょう。

小学校から高等学校までの平均的な教育費小学校から高等学校までの平均的な教育費(出典:文部科学省HPから筆者作成)

 公立学校と私立学校の学習費は、私立が公立に対して幼稚園で2.1倍、小学校では4.7倍、中学校では2.9倍、高等学校では2.5倍、全体では3.3倍と大きく差があります。すべて私立学校でお考えの場合、かなり教育資金の準備が必要となります。それでは、大学の平均的な教育費は一体いくらになるのでしょうか。下記をご覧ください。

大学での平均的な教育費大学での平均的な教育費(出典:文部科学省HPから筆者作成)

一般的に「大学まで進学すれば1人1,000万円かかる」とよく言われますが、一番教育費が抑えられている(高校まで公立の学校で、大学が国公立)ケースでも約750万円かかります。その上、親元から離れて一人暮らしする場合や海外への交換留学費などのことを考えると気が遠くなりそうです。

ただし、教育資金は支出される時期があらかじめ決まっているため、必要以上に慌てる必要はありません。しかし、金額が金額ですから、なるべく早めに準備していた方が良さそうです。それではどのような形で準備すればよいのでしょうか。

 ■教育資金1,000万円の準備は?

いったいどのように教育資金を準備すればよいのでしょうか。

一般的に、授業料の無償制度や支援制度などがあり負担は軽減されますので、高校までの教育費は月々の収入から準備することができます。大きなお金が必要になる時は、大学の入学と在学中にかかる学費です。通常、入学金は一括、授業料などは半期、または年間で納めなければいけません。また、親元を離れて一人暮らしする場合、住宅費や生活必需品の準備など、新生活をスタートさせる費用もかかります。

大学に入学するまでに大きな教育資金を準備しなければいけませんが、その準備に最適な商品のひとつとして挙げられるのが「こども保険」です。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-267