【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

教育資金準備のためのこども保険


■こども保険とは?

こども保険は、貯蓄型の保険商品です。子どもの教育資金を確実に準備できる保険であり、契約者である親に万一のことがあった場合でも、残された子どもに養育年金を残すことができます。下記にこども保険の特徴をまとめましたのでご覧下さい。

1)貯蓄性の高い生命保険

返戻率が高く、子供の教育資金として確実に積み立てられます。解約返戻率とは、契約者が支払う保険料の総額に対して受け取ることのできる「満期保険金 +お祝い金」の割合を指します。注意点として、加入時の利回りが契約期間中適用されますので、金利が上昇、インフレが起きるようであれば、他の金融商品より利回りが低くなる可能性があります。また、途中で解約すると元本割れをすることもあります。

2)「お祝い金」が受け取れる

満期の時以外中学、高校、大学の入学時期などに合わせて、お祝い金が支給されるタイプのものがあります。これは保険会社からお祝いでもらえるお金ではなく、あくまで自分で支払っている保険料の中から支払われます。

3)子供への保障

契約者である親が亡くなった、または高度な障害を負った時、その後の保険料の支払が免除されます。さらに満期学資金やお祝い金は予定通り受け取ることができます。また育英年金や養育年金といって、毎年、遺族年金が支払われるものもあります。

それでは、いつこども保険を始めればいいのでしょうか。

■ゆっくり資産を準備していきましょう

イメージ画像
それでは、こども保険をいつ始めればよいのかとなりますが、早ければ早い方が良いと思います。

こども保険は子どもが生まれる前に加入できる「出生前加入」もあり、子どもの出生予定日の140日以内であれば、こども保険に加入できます。一般的に、保険料の払い込み期間が長ければ長いほど、1回当たりの保険料負担額は低くなります。また、契約者(親)の年齢が若ければ若いほど、保険料は安くなります。大学入学までには18年ありますのでコツコツ積み立てていきましょう。

しかし、ここまでコツコツ積み立てる必要があるとお伝えしましたが、いろいろ出費もありますし、「そんな1,000万円も準備できない…」とお思いのあなた、焦る必要はありません。教育資金の不足を補うためには国の教育ローンや金融機関の教育ローン、奨学金の利用も視野に入れることもできます。

子どもの成長とともに教育資金は必要となりますが、気負わずゆっくり準備していくことがひとつのポイントです。まずはできることからゆっくり考えてみましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-267