【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

こども保険を続けたいのに家計がピンチ!? そんな時には…


将来のこどもの教育資金の準備として、こども保険は最適な選択肢のひとつです。そのため、子どもがいるご家庭では、こども保険に加入している方も多いのではないでしょうか。

こども保険は長期にわたって積み立てをしますが、急な出費で支払いが苦しい時期もあろうかと思います。そんな時はどうすればよいのでしょうか。
image30
まずはじめに知っていただきたいことは、こども保険に限らず、保険を途中で解約すると最初に約束した契約が無効となってしまいます。また元に戻したいと思っても、同じ条件で再度加入することができません。その上、契約を始めたばかりの段階だと、解約手数料が大きくかかります。

もし、どうしてもお金が必要な時は、こども保険を解約せず「契約者貸付」を利用するという方法があります。

これは、積み立てている解約返戻金の範囲内で、(一定の貸出利率はかかりますが)お金を借りることができるものです。「生命保険会社からお金を借りる」という発想自体あまりないと思いますが、いざという時のために知っておくと便利です。

しかし、安易にこの制度を利用することはおすすめしません。「契約者貸付」の詳しい仕組みと注意点を見ていきましょう。

■契約者貸付の仕組みと注意点は?

こども保険の契約者貸付制度とは、解約返戻金の一定の範囲で貸付を受けることができる制度です。

借りることのできる金額は、その時点で解約した場合に戻ってくる金額の80-90%となります。また返済期限も保険会社と相談した上、自由に設定できます。

銀行ローンや消費者金融でお金を借りるよりも比較的融通が効く印象ですが、契約者貸付をする場合、下記の3点に注意が必要です。

1)貸付金を返済しない場合、契約が失効する可能性がある

長い期間、借入金の返済が滞ったままでいると、借りた金額の合計がそれまで積み立ててきた金額を超えてしまう場合もあります。そうなった場合、保険契約そのものが無効となってしまうケースがあります。

クレジットカードのリボルビング払いや消費者金融ローンと比較するとかなり低い金利ですが、借り入れしているお金の利息は「複利」でつくため、年々利息が大きく増えていきます。返済計画をしっかり立て、早期返済することが鉄則です。なお契約者貸付の返済はいつでも可能で、金額の一部、全部一括して返済できます。

2)貸付金は利息がかかり、貸付利率は変動する場合がある

貸付金には一定の利息がかかります。保険会社、契約の時期によって異なってきますが、日本生命は3.75-5.75%、明治安田生命は2.15-5.75%、かんぽ生命は2.5-6.0%となってます。かんぽ保険の場合、貸付期間(1年)を経過すると利率は2%高くなります。

また貸付期間経過後、さらに1年を経過しても貸付金の弁済がない場合には、貸付金の弁済に代えて保険金額が減額されるので注意が必要です。

3)保険金や解約返戻金などを支払う時、契約者貸付の元利金が差し引かれる

こども保険が満期になった時、返済しなくてはいけない金額が残っていた場合、満期時に受取れる予定金額から、貸付金額とその利息が差し引かれます。

よって、もともと支払った額より多く受取れるはずですが、返済にかかった額などを含めると少なくなってしまうことも十分に考えられます。

■どのように使えばいいの?

ここまで3つの注意点をお伝えしましたが、しっかりと計画的に返済計画をたてて利用すれば問題ありません。

銀行のローンより低い金利でお金が借りられるのはメリットの一つです。また、こども保険を解約せずに済むことが最大のポイントです。こども保険を途中で解約すると、今までに積み立ててきたお金が無駄になってしまいます。

しかし、こども保険は「子どもの将来の教育資金を積み立てる目的」で加入しているはずです。契約者貸付制度は本当に家計がピンチで必要に迫られた時にだけ、選択肢の一つとして活用するとよいでしょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-297