【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

経営者が注目する養老保険の逆ハーフタックスプラン。メリットと問題点は


企業における役員や従業員のための福利厚生の一環として、養老保険が一般的に利用されています。

法人向けの生命保険商品には様々なタイプの商品がありますが、その中でも節税対策のために企業経営者に人気のあるプランとして養老保険が利用されることがあります。

今回は、この養老保険を使った節税対策プラン(逆ハーフタックスプラン)をご紹介していきたいと思います。

■養老保険とは?

養老保険とは、「被保険者が死亡したとき、又は保険期間が満了したときに死亡保険金又は満期保険金が支払われる生命保険」のことです。

養老保険の税制上の取り扱いは、死亡保険金・満期保険金の受取人を誰にするかで、法人としての税制上の取り扱いが変わってきます。

■ハーフタックスプランについて

養老保険における逆ハーフタックスプランについて見ていく前に、通常のハーフタックスプランがどの様な形態の契約になるのかについて見ていきたいと思います。

ハーフタックスプランとは、企業(法人)が役員・従業員全員又は合理的基準により選定した者全員を被保険者とする養老保険のことを指します。この場合、法人の経理上は、死亡保険金を遺族が受け取り、満期金を会社が受け取ることで、支払った保険料の1/2は資産計上、1/2は損金(ハーフタックス)として処理ができます。

養老保険ハーフタックスプラン

養老保険ハーフタックスプラン
筆者作成

■逆ハーフタックスプランとは?

それでは、養老保険における逆ハーフタックスプランとはどのような契約体系になるのでしょうか?

「逆」という言葉の通り、逆ハーフタックスプランとは、ハーフタックスプランの受取人を逆にしたもです。

受取人が逆になりますので、死亡保険金を法人(会社)が受け取り、満期保険金を役員・従業員が受け取る契約体系になります。

この場合、法人税基本通達に明確な記載がないことから、支払保険料の1/2は保険料として損金処理、1/2は役員・従業員に対する給与損金として処理することができ、結果的に企業としては全額損金処理が可能になります。

最終的には、企業の資産を役員個人などに税務上有利に移転することができるようになります。

養老保険逆ハーフタックスプラン

養老保険逆ハーフタックスプラン
筆者作成



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-312