【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

こども保険と生命保険、保障内容が重複してませんか?


日本は保険大国といわれてます。

日本国民の全体の金融資産は約1,400兆円ですが、「2人以上世帯の金融商品保有額の種類別構成比」によると預貯金が圧倒的な55%を占めており、保険はそれに次ぐ約16%を占めております。

金融商品保有額の種類別構成比(2人以上世帯)金融商品保有額の種類別構成比(2人以上世帯)(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/平成25年より)

国民年金保険をはじめ、民間保険、損害保険など、みなさまはいくつの保険をかけているのでしょうか。その保障の内容をすべて理解することは正直、難しいと思います。今回はその保障の無駄を省くためのポイントをお伝えいたします。

■保障内容が重複していないか?

保険を選ぶ際、保険内容が重複してないかどうか、把握することが重要です。

まずはじめに現在加入している生命保険、損害保険のすべてを一覧にして書き出してみることをおすすめします。保障の範囲が重複してないかどうか分かります。手厚い保障を希望されるのでしたら、いくつ重複していても良いのですが、毎月支払う保険料も同時に上がります。本当にその保障内容が、現在の家族のライフステージに必要かどうか、じっくり吟味したうえで判断しましょう。

また「できるだけ保険費用を低く抑えたい」「保障は厚い方がいいけれどそんなに資金は必要ない」という方は無駄になってしましますので、重複を省くように保険を選ぶ必要があります。なお、世代別の生命保険の加入金額の平均は下記のようになっています。

生命保険加入平均額生命保険加入平均額(出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」平成22年度より)

平成22年度の生命保険文化センターの調べによると、生命保険の加入金額の平均は男性で2,043万円、女性で944万円となっています。それではいったいもし自分が亡くなったら、どれくらいの保障金額が必要だと想定すればよいのでしょうか。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-316