【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

こども保険と貯金、どっちがいいの?


イメージ画像
次に、貯金のメリット・デメリットについてお伝えします。

こども保険に加入されない方の意見を聞くと「換金性のある預貯金をする」「こども保険よりも高利回りな金融商品を運用する」「奨学金制度を利用する」など、ご自身で調べ、他の運用手段で準備をされるようです。

<貯金のメリット>

1)換金性が高い

預けた金額をいつでも引き出すことができます。何か急に資金が必要となった時、すぐに対応することができ、資金計画を変更しやすいと言えます。

2)変動金利である

短期で金利が見直されるため、急激なインフレでない限り、金利上昇分に対して対応できます。

<貯金のデメリット>

1)金利がほとんどつかない

現在の普通預金の平均金利は0.02%と、すずめの涙程度の金利しか付きません。100万円預けても0.02%ということは200円で、ATMの時間外利用手数料で年間の金利分は無くなってしまいます。

2)源泉徴収される

利息に対して一律、源泉徴収20%がかかってきます。ただでさえ少ない利息に、さらに税金がかかってきます。

3)保険のような保障がない

生命保険と違って、預金者(契約者)である親が亡くなっても、子どもが病院にかかっても保障料は支払われまん。その時の資産残高が、相続資金として引き継がれます。

以上、貯金のメリットとデメリットを見てきましたが、こども保険と比較して、いかがでしょうか? 引き出しの自由度が高い分、将来の計画設計を変更しやすい一面がある一方で、お金が増えるということにはあまり期待できません。

■どっちが有利?

ここまで、こども保険と貯金のメリット・デメリットをまとめてきましたが、あなたはどちらの考えに近いでしょうか。

実は結論からいって、どちらも一長一短があり一概にどちらがよいとは言えません。良い面と悪い面があるので、一方の金融資産に偏ることなく、バランスよく持つことがよいでしょう。

教育資金の準備に一番大切なことは、早い段階で計画的に始めることです。昔のように、終身雇用ではなく、かつ給料が右肩上がりに期待できるご時世ではありません。また、子どもが大きくなるに従って教育費の負担も年々増えていきます。

とにもかくにも、こどもの教育資金は計画的に準備していきましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-319