【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

養老保険の税金とは?


イメージ画像
養老保険は「死亡保障」と「貯蓄機能」が一緒になった生命保険です。

まずは養老保険についておさらいをしてみましょう。

養老保険とは、亡くなった時に支払われる「保障部分」と、満期の時に受取る「貯蓄部分」がセットとなった保険商品です。さまざまな機能が付いているため、保険料は終身保険や定期保険と比べた場合、一般的に割高となります。

終身保険と同じように養老保険の保険料は、保険会社が集めた資金の運用予定利回り(予定利率)に左右されますが、最近の低金利の状況を受け、予定利率は過去最低水準となってます。そのため加入した年齢によって、支払った保険料総額が満期保険金を下回るケースが出てきており、かつては保険会社の主力商品でしたが、最近は定期付終身保険や変額年金保険などに主力商品が変わってきています。

このような養老保険ですが、税金面で他の保険と比べて特徴があります。

■養老保険の税金

養老保険の満期金には税金がかかります。貯蓄性の機能が付いているため、ケースによって税金の種類が変わってきます。順番に、どのようになっているのか見ていきましょう。

保険料を「支払った人」「受取る人」

養老保険は、保険料を「支払った人」と「受け取る人」の組み合わせによって税金が異なってきます。具体的には下記のようになります。

1)所得税: 保険料を「支払った人」=「満期金を受け取る人」
2)贈与税: 保険料を「支払った人」≠「満期金を受け取る人」

所得税がかかる場合は、自分で保険料を支払って、満期金を自分で受取った時です。一方、贈与税の場合は、誰かに満期金を渡す時に発生します。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-325