【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

貯蓄型保険にはどのような種類があるの?


イメージ画像
貯蓄型保険と聞いて、皆さんはどのような保険商品を想像されますか?

保険の世界では、お金が貯まるタイプの保険の総称を、貯蓄型保険もしくは貯蓄保険と言います。保険と貯蓄の両方の特徴を兼ね備えていて、積み立てられた保険料が満期日や解約時に戻ってくるタイプの保険です。

貯蓄型保険には、満期保険金がある仕組みのものや、途中で解約すると支払った保険料より少ない金額になってしまう保険、病気により死亡または高度障害のときには、経過年数に応じた死亡・高度障害給付金を受け取ることが出来る保険などが存在します。

また、保険料の支払い方法や、支払い通貨、保険の販売チャネルによっても様々な種類の保険商品が派生します。具体的には、年金保険、終身保険、長期定期保険、逓増定期保険、変額保険、変額年金保険、積立利率変動型保険、低解約返戻金保険、介護保険などが貯蓄型保険として挙げられるでしょう。

もちろん、契約者が支払った保険料のすべてが積み立てられているわけではありません。保険料は大きく分けて、保険会社の会社運営、病気や死亡時等の契約者への保険金支払い、機関投資家としての顔を持つ保険会社の資産運用に使われます。

一般的に掛け捨て型の保険料が、保険会社の運営、病気や死亡時等の保険金に用いられるのに対して、貯蓄型保険はそれに生存保険金や運用分を上乗せしているイメージです。

今回はこの中で代表的で貯蓄型保険の根幹をなす「個人年金保険」「変額年金保険」「養老保険」についてそれぞれの保険の特徴を解説していきます。

1.個人年金保険

個人年金保険は、被保険者が契約時に定めた年齢になると、年金額を受け取ることができる保険です。

個人年金保険には、5年・10年など一定期間受け取れる確定型年金や生存中受け取ることが出来る終身年金などの種類があります。将来に備える貯蓄性の保障があるため、”老後に備えて保険で貯蓄”するための商品と言えるでしょう。

高齢化・少子化が進んで公的年金制度に対する不安が高まっている現在では、将来の年金額が加入時に確定する個人年金保険へのニーズが高まっています。年金の受給方法については、保険会社が提示する選択肢の中から選ぶことができます。

受取額が確定しているため安心できる反面、現在のような予定利率が低い環境では、「お金を増やす」という点でメリットは少ないかも知れません。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-294