【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

貯蓄型保険にはどのような種類があるの?


2.変額年金保険

変額保険は、株式や債券などで資産を運用し、その運用実績に応じて受け取る保険金額や解約返戻金が変わる保険です。保険会社によっては、複数用意された「特別勘定」の中から自分で種類や割合を組み合わせて保険料を運用します。運用次第では大きく増やせる可能性もあるのが個人年金保険と異なる点です。

死亡した場合には最低保障である基本保険金と、変動保険金を受け取ることができるため、死亡しても相続財産を減らすことがありません。 ただし、満期時に満期保険金を受け取る時の金額は運用実績によって変わるため、運用リスクや運用にかかわる費用などにより、受取額が支払額を下回ることがあります。最低保証額等が定められている商品もあります。

変額年金保険においては、商品性の部分が保険を契約する上での重要なポイントになります。

契約者から払い込まれた保険料の一部を株や投資信託、債券などの金融商品で運用します。変額年金保険には、選択可能な金融商品(特別勘定)の数が豊富な保険商品もあれば、かなり限定されていて、ほとんど保険会社に任せるタイプの保険商品もあります。

契約する際には、自身で積極的に資産運用を行っていくのか、手間を掛けずにマネジメントは最小限に抑えるのか等、中立で信用できる専門家への相談や運用実績を参考にして、加入する保険商品を絞っていきましょう。

一般的に、保証がない商品はリスクが高く、保証のある商品はコストが高めです。もともとは元本割れの可能性のある変額年金保険ですが、リスクを取りたくない人には、運用によって損益が出ても、一定の年金原資が保証される貯蓄型保険が人気です。

また、保証のある商品は諸経費が高い傾向にあり、また選択できる金融商品等の特別勘定の数も限られている場合が多いという点もよく理解して利用していくことが大事です。

3.養老保険(学資保険・こども保険)

「養老保険」「学資保険」「こども保険」は、「老後の資金」や「こどもの教育資金」とともに、「死亡時に家族へ遺すお金」の確保を兼ねた貯蓄型保険です。

一定の年齢に達すると満期保険金が受け取れます。また、契約者が死亡した場合は、その後の保険料が免除され、死亡保険金などを受け取れるのが一般的です。この点は、現金で積み立てるのと大きく異なる点で、必ず何らかの形でお金を準備することができます。

満期保険金を受け取る前に万が一のことが起こっても満期金と同額の死亡保険金が支払われるので、「必ずある一定の資産を作りたい」という人に適した貯蓄型保険と表現できるでしょう。

一時払いにして分割払いの際より運用効率を高める等の方法で貯蓄性を重視するのか、特約などによって保障を重視するのか、商品によって選択できるのも特徴です。貯蓄としてみた場合には、通常は預貯金の金利よりも優れています。
イメージ画像

総括

日本のような年金問題を抱える社会、低金利時代においてどのような商品で、老後資金や教育資金、住宅購入資金等に備えていけば良いのかは誰もが考えることだと思います。

貯蓄型保険は次のような人にとっては向いているかと思います。

・「株、投資信託、FX等の金融商品」での運用は資産が減ってしまう可能性があり怖い、と考えるような人
・銀行の積立等では、すぐ取り崩してしまってお金がなかなか貯まらない人

貯蓄型保険という仕組みを利用した方がお金を貯めやすい人もいるかと思います。また、必ずしも保険での貯蓄にこだわる必要はありません。貯蓄型保険は純粋な積立商品や金融商品に比べて、コストが高く、運用による旨味は低減されます。2013年4月に、保険会社の多くが保険料を105-120%ほど引き上げたため、以前に比べてコストパフォーマンスは落ちたという背景もあります。

保険はあくまで保険ですから、保険として加入するのか、貯蓄として保険を活用するのか、もう一度確認してみましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-294