【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

老後に備えて、目的別に考える積立保険の活用方法


イメージ図
(2)   養老保険

では、養老保険を見ていきましょう。終身保険と同じく死亡保障がメインの契約ですが、終身保険のように保障は一生涯続くわけではありません。

その代わり、定期保険のように満期が定められています。満期になると、死亡保障と同額の満期保険金が保険会社から支払われる契約になっています。
養老保険の商品概要図

養老保険の商品概要図(黄色い部分は解約返戻金のイメージ)
出典:公益財団法人 生命保険文化センター 養老保険のページより引用

ただし、現在では上のイメージ図のように満期時に一括で満期保険金を受け取れるタイプと、運用しながら年金形式でもらえる2つのパターンが主流となっています。

ちなみに、満期時に死亡保険金と同額が受け取れるという商品設計上、最も保険料が高額な生命保険であると言われています。

(3)   個人年金保険

最後に、老後のための積立保険というイメージが強い、個人年金保険を見ていきましょう。

個人年金保険には大きく分けると2つの種類があります。1つは「定額個人年金保険」、もう一つが「変額個人年金保険」です。両者の違いは保険会社が確定利回りで運用してくれるかどうかという点にあります。

「変額個人年金」の場合であれば、保険会社があらかじめ準備した特別勘定(ファンド)で契約者の希望に合わせて運用することができます(公益財団法人 生命保険文化センター 変額個人年金保険の資産運用の特徴は?)。

選べるファンド商品によって様々で、債券のような低リスクのものから株式を対象にした比較的リスクが高いものまで幅広く取りそろえているのが一般的です。

■あなたの目的は?

では、(1)~(3)までを総合して、老後資金を確保するためにはという観点で各種積立保険を見ていきましょう。

●一般的な老後資金の確保なら…

この場合、(3)でご紹介した個人年金保険が名前の通り、老後資金を確保するという目的に適していると言えるかと思います。万一亡くなってしまった際の給付金額を今までに払い込んだ積立金に応じて支払うことにより、生命保険部分を少なくしてコストを下げていると言えるからです。

さらに、変額個人年金保険であれば自分のリスク・リターンの許容度に応じてファンドを選択することもできます。

●死亡保障も老後資金もどちらも欲しいなら…

死亡保障と老後資金どちらも大事という方には、(1)でご紹介した終身保険が選択肢として挙がってくるかと思います。終身保険であれば、仮に老後になって解約しなくてもご子息に資金を残すこともできますし、万一亡くなった際には相続税の減税制度を利用することができます(国税庁 相続税の課税対象になる死亡保険金)。

(2)でご紹介した養老保険よりも終身保険を活用したほうが、相続税の減税制度を利用することができる可能性は高まりますし、養老保険は毎月の保険料が高額という点からも終身保険を利用されたほうが家計への負担も低いのではないかと思います。

いかがでしたでしょうか。今回は老後資金を確保するには、という観点で各種積立保険をご紹介いたしました。

保険会社が提供する各種積立保険は保険プラス運用で成り立っているものが大多数ですので、純粋な運用効率という面では証券会社で購入できる債券等を購入したほうが結果的に成績がよかった、ということが起こりがちです。

各種積立保険を購入する際は、まずはご自身に必要な保険機能をピックアップして、その中で運用に適したものがあるだろうかという観点で保険を探すとよいのではないかと思います。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-315