【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

ファイナンシャル・プランナーにはどんな相談ができる?


イメージ画像

■ファイナンシャル・プランナーはお金の専門家

ファイナンシャル・プランナーは包括的なアプローチで顧客に接します。

証券会社や保険会社など販売者側の視点ではなく、顧客の要望を満たすため「中立」な立場でアドバイスをします。また顧客の必要に応じて、弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士など各分野の専門家と協力しながら、顧客の問題解決に取り組みます。具体的には以下のような相談をすることができます。

1)住宅資金の準備について

住宅を購入する時の住宅ローンの仕組みから、ローンの固定・変動金利の選択について、住宅ローンの繰上げ返済と借り換えのメリットなどをアドバイスします。

2)金融資産の運用について

投資初心者が金融商品を購入する際の注意点であったり、どのような商品を選択したほうがよいかアドバイスします。また投資経験者には、ポートフォリオ(保有資産)の見直しなども図ります。

3)税金と相続について

住民税や確定申告をはじめ、相続の全般的な仕組みやそれに関わる相続税対策、遺言状の作成などをアドバイスします。

4)医療、保障と年金関連について

残された家族に準備する必要な保障額についてや、老後支給される年金に対してアドバイスをします。また現在保有している保険を、ライフステージに照らし合わせて見直しもします。

5)ライフプランの設計について

家計のやり繰りや余剰資金の活用方法、子どもの教育資金の準備、老後の生活設計をどのようにしたらよいかなどのアドバイスをします。

 

ここまでファイナンシャル・プランナーに相談が寄せられる具体的な内容を見てましたが、どの内容もみなさまに身近な問題と感じられたのでないでしょうか? もし何か悩んでいることがある場合、一度ファイナンシャル・プランナーの方に相談してみてはいかがでしょうか。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-322