【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

ファイナンシャル・プランナーの資格は役に立つの?


イメージ画像
ファイナンシャル・プランナーの資格取得が人気のようです。年々試験の難易度が上がってきているようで、合格率はファイナンシャル・プランニング2級が30%、1級が15%程度(2013年1月)と十分な準備をしなければ合格できない資格となってきました。

これだけ人気のあるファイナンシャル・プランナー、資格を取ることによってどれほど役に立つのでしょうか。

■より実生活に役立つ幅広い知識が得られる

ファイナンシャル・プランナーの試験には、金融・保険・不動産・税金・相続などお金に関する幅広い範囲が出題されます。年々難易度が上がり、隈なく勉強しないとなかなか合格までたどり着きませんが、勉強することによって得られる知識は今後の日常生活に非常に役に立ちます。また生活に密着した知識であるため、誰にでも有意義な資格になると思います。

たとえば、生命保険を選ぶ時、どのような生命保険に入ればよいのか、生命保険の保障額がいくら必要か、また、受取り方によって違ってくる税金について知ることができます。相続に関しても、どのように相続税対策をしていくか基礎的なことが学べ、相続と絡めて不動産の評価の仕方についても勉強することができます。ここであげた他にも、いくつも生活の役に立つ知識が得ることができます。

しかしファイナンシャル・プランナーだけに限りませんが、資格を取ることだけを目的として勉強することは本末転倒です。勉強を始める前に「今やっている業務の幅を広げたい」や「お金に関わる全体像を理解したい」など目的を明確にする必要があります。ファイナンシャル・プランナーは、より実践に即した資格です。

単に資格を取るだけの勉強に終わりませんよう願います。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-327