【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

老後資金の準備はいつから始める??


老後資金は、どの世代にとっても重要な問題だと思います。

生活費の増加や保有資産の目減りを伴う物価上昇、100年安心と謳われた公的年金は、老後を安心に導くどころか、私達の老後の不安を刻一刻と高めているのではないでしょうか。

現在も日本人の平均寿命は伸びており、65歳で定年退職した後の生活は非常に長くなっています。一説によると現役時代の労働時間と老後の余暇時間は同じ100,000時間程になるそうです。

退職が人生の折り返しであるなら、後半も充実した人生を送りたいものです。充実した後半の人生を送るためには、人間関係やお金の準備が重要になるのではないでしょうか。

今回はお金に焦点を当てて、老後資金の準備について考えて行こうと思います。
イメージ画像

老後資金の準備は早い方が安心?

老後資金(老後の生活資金)は、なるべく早く準備に取り掛かった方が良いと多くのファイナンシャルプランナーが提言しています。

筆者も「早い時期から準備」する方が「遅い時期から準備」するよりも、万人向けの良いやり方だと考えています。

30歳の人が65歳までに5,000万円を貯める目標で例を挙げます(目標金額はあくまでも仮定です。自分にあった目標金額をお考え下さい)。

早い時期から準備するパターン

30歳から65歳までの35年間(420ヵ月)の準備期間で毎月コツコツ5,000万円を貯めると仮定してみます。
運用年利を0%と仮定すると:119,050円/月
運用年利を1%と仮定すると:99,030円/月
運用年利を3%と仮定すると:66,910円/月
(1円単位を切り上げ、税金・手数料を考慮せず)

早くから老後資金を準備すると、支払期間が長くなることにより、一月当たりの負担金額が軽減されます。また、ある程度、運用年利があれば、複利効果で一月当たりの負担金額はより軽減されます。再現性が高いと思われる方法です。

デメリットは、35年間の長い道のりを真面目に継続しなければならず、精神的かつ家計的に相当のストレスがかかる事が予測されます。

遅い時期から準備するパターン

60歳から65歳までの5年間で5,000万円を貯めると仮定してみます。
極端な例で考えてみます。当然ですが30歳から60歳までの負担はありません。その間は自己投資と換言すると分かりやすいかもしれません。収入を貯蓄に回す必要が無いので家計はかなり余裕がある事が予想されます。しかし、60歳到達時に少なくとも年収を1,000万円+生活費の水準まで上げておく必要があります。

60歳から1,000万円ずつ5年間で5,000万円が達成できます。

デメリットは60歳まで、1,000万円+生活費を稼げるようにならなければならないという精神的ストレスがかかる事や、万が一計画倒れになった場合の老後資金の困窮が予測されます。一点集中型ですが万人の再現性は低そうです。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-310