【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

老後資金の準備はいつから始める??


あなたはどちらを選択されますか?

老後資金を「早い時期から準備」するか、「遅い時期から準備」するか。いずれにしても、老後の生活資金は自助努力で用意しなければなりません。

「早い時期から準備」は万人に適用できる方法ですが、月々の準備額を誤ると現在の生活を圧迫してしまい、老後の為の人生となってしまう危険性があります。

「遅い時期から準備」は、継続的もしくは瞬発的に稼げる力を持った限られた人が対象になりそうです。自己投資期間があるから稼げるようになるのか、自己投資はただの浪費だったのか最後まで判断できない怖さも表裏一体です。

老後資金を早めに準備すれば心と通帳に余裕ができます

「早い時期から準備」するには多くの困難が待ち構えています。まず、年功序列型の企業では20代より30代、30代より40代と年齢が上がるにつれ収入も上昇する賃金体系が一般的です。
イメージ画像
少ない収入では、現在の生活も満足に暮らせないのに、その少ない収入の中から更に将来の自分に向かって仕送りする事になります。決して楽ではないと思います。

それでも筆者は、今から少しずつでも貯めておく方が良いと思います。

最初から上記の119,050円/月は無理でも、出来る金額から貯め始めれば着実にゴールは近づきます。30代から少しずつ貯めておけば、ある程度お金が貯まっている状態から老後資金の準備がリスタートできます。

40代に先延ばしにしてゼロから始めるよりも、ある程度の蓄えがある方が負担金額も軽減されますし、精神的にも維持しやすいのではないでしょうか?

今、出来る範囲の金額から老後資金の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

老後資金は「早い時期から準備」した方が万人向けでリスクが低いと筆者は考えています。寓話アリとキリギリスで、アリの生き方が称賛される事が多い日本において、アリの様にコツコツ老後資金を準備するのが良いのではないでしょうか。
イメージ画像
お金との関わり方は、人生との関わり方と言っても過言ではありません。自分自身の性格を客観的に見つめ、あなたにとって素敵な老後になるようにこの記事が何かしらのきっかけになれば筆者として望外の喜びです。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-310