【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

老後資金の積極的な活用法 概要編


終身保険を検討して筆者が思ったことは…

カバー範囲が広い終身保険にはデメリットもあります。

1つの保険で広範囲を保証する保険商品は複雑になり、コストが高くなりやすい傾向にあります。セット商品はお得に見えても、中身の構成要因一つ一つが本当に必要な保障なのか分かりにくくなってしまいます。

終身保険は、守備は上手いが攻撃は送りバントに徹していた元巨人の川相選手でしょうか。30年保険を掛けて、ほぼ同額の死亡保険金(守備)と、老後資金(攻撃)を1人の選手に期待せず、川相選手と松井選手を併用する方が、攻守のバランスが取れるのではないかと疑問が出てきました。

先の終身保険と同額の死亡保障額2,000万円、60歳払済、月払い41,940円を条件として、60歳到達時に1,512万円(終身保険の60歳解約受取額)の老後資金を上回るように、カスタマイズして攻守バランスを考えてみます。

保障内容を同一(死亡時2,000万円を家族に残す)にしてカスタマイズするイメージ図

保障内容を同一(死亡時2,000万円を家族に残す)にしてカスタマイズするイメージ図 

終身保険のメリットは死亡保障2,000万円と60歳解約時に1,512万円の老後資金の形成が同時に達成できる事です。反対にデメリットは商品設計が複雑でコストが不透明で高いと思われる点、不要な部分にも保障が付く点、60歳までの流動性が低い点です。

終身保険のメリットを残しデメリットを排除するには努力が必要ですが、自ら管理すれば余計なコストが掛からなくなりますし、商品をシンプルにする事が出来ます。カスタマイズでは、定期保険(死亡保障)と運用(貯蓄機能)の二つに分けて考えてみようと思います。

死亡保障は、お金が貯まっていない早期に亡くなった場合に備えています。お金が貯まっていくごとに死亡保障金額は2,000万から1,000万,500万と段階的に引き下げていきます。

貯蓄機能は、積み立てるので時間と共に貯まっていきます。積立の回数もしくは金額が多いか、運用利回りが高ければ資産はより多く貯まります。

死亡保障と貯蓄機能のバランスを取りながら、筆者のカスタマイズ案を提案します。
次回、「カスタマイズ編」に続く



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-205