【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

Monthly Archive:: 2月 2014

日本と英国のIFA(独立系ファイナンシャルアドバ...

みなさまは株や投資信託、保険などの金融商品を購入する時、銀行や証券会社を利用されると思います。日本では、これらの金融機関を通じてアドバイスを得たり投資することが一般的です。それでは、海外の場合はどうなのでしょうか? 今回 [...]

養老保険の税金とは?

養老保険は「死亡保障」と「貯蓄機能」が一緒になった生命保険です。 まずは養老保険についておさらいをしてみましょう。 養老保険とは、亡くなった時に支払われる「保障部分」と、満期の時に受取る「貯蓄部分」がセットとなった保険商 [...]

ファイナンシャル・プランナーにはどんな相談ができ...

あなたはファイナンシャル・プランナーという職業をご存知ですか? テレビや雑誌で資格の広告をよく目にするのではないでしょうか。今回はファイナンシャル・プランナーの仕事内容について、分かりやすくお伝えしたいと思います。 ■フ [...]

あなたの保険はお宝保険?お宝保険のメリットと注意...

老後のために資産形成をしたいとお考えの方は多いと思います。しかし、銀行の預金金利は一向に上昇せず、アベノミクスの恩恵は一部の企業と投資家に限られているというのが一般市民からみた実情ではないでしょうか。 日本経済はバブル崩 [...]

理解しておくべき「社会保険制度」の全体像...

皆さんは日本の社会保険制度がどういったものかご存知ですか? おそらくあまり知らないという人がほとんどなのではないでしょうか。 今回は、社会保険の概要について説明してきたいと思います。ひとつひとつについて説明していくととて [...]

人気は養老保険から終身保険に。 それでも利用目的...

養老保険は生死混同保険とも呼ばれ『貯蓄』を主目的とした保険商品です。保険期間は比較的短期間に設定されるため、契約者にとっては、死亡時の保障というよりも、定期預金の延長として養老保険を利用する事が多くありました。 一時は保 [...]

こども保険と貯金、どっちがいいの?...

こども保険は、こどもの教育資金準備のための保険で、20-30代の若い夫婦に人気があります。無理のない金額で積み立て、長期で教育資金を貯められることが特徴で、一般的に貯蓄性の高い保険といわれてます。 一方で、こども保険に入 [...]

知る人ぞ知る新たな資産運用の相談先「IFA」って...

IFAという言葉を耳にしたことがある人はまだ少ないのではないでしょうか。 IFAはIndependent Financial Advisor の略となり、日本語にすると「独立した金融に関する相談相手」という意味になります [...]

こども保険、準備できなかった時はどうしたらいい?...

教育資金の準備として、こども保険は非常に役に立ちます。しかし、子どもの進学が国公立から私立に変更したり、家計のやり繰りが難しくなったりして、こども保険の満期返戻金の範囲で学費が充分に準備できなかった場合、どうすればよいの [...]

こども保険と生命保険、保障内容が重複してませんか...

日本は保険大国といわれてます。 日本国民の全体の金融資産は約1,400兆円ですが、「2人以上世帯の金融商品保有額の種類別構成比」によると預貯金が圧倒的な55%を占めており、保険はそれに次ぐ約16%を占めております。 金融 [...]

老後に備えて、目的別に考える積立保険の活用方法...

突然ですが、あなたは日本人の金融資産が何兆円あるかご存知でしょうか? 答えは1,598兆円です(日本銀行 資金循環統計参考図表 2013年第3四半期)。 内訳は現金・預金で856兆円、証券で240兆円、そして保険・年金準 [...]

生命保険を考える ~定期保険・養老保険・終身保険...

テレビ・新聞など色々なメディアで毎日のように目にする「保険」の広告ですが、一体どのくらいの広告費用が掛かるのでしょうか。正確な費用は分かりませんが、かなりの額になるはずです。 大きなコストが掛かっても広告を出すということ [...]

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社