【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

生命保険を考える ~定期保険・養老保険・終身保険~


テレビ・新聞など色々なメディアで毎日のように目にする「保険」の広告ですが、一体どのくらいの広告費用が掛かるのでしょうか。正確な費用は分かりませんが、かなりの額になるはずです。

大きなコストが掛かっても広告を出すということは、それに見合う費用対効果があるのでしょう。もちろんこの広告費用は、顧客の保険料から賄われています。保険業界に詳しい後田亨氏によると、保険料の20~40%は経費に回っていると話しており、その一部が広告費に充てられているのです。
イメージ画像

最近では、ネット生保を通じて自分自身で保険を選ぶ機会も増えてきているとは思いますが、日本における保険業界の営業手法の主流は、営業員が訪問や電話で保険を提案して加入するスタイルです。つまり、売り手の販売したい商品の提案を受けた後、契約をする人が多かった、また現在も多いのではないかと思います。契約している方の中には、自分がどんな保険をどのくらいの保障で加入しているのか把握していない方もいると思います。

保険の仕組みや種類など基本的なことを理解しておけば、自分のニーズを営業担当者に的確に伝えられますし、ご自身で調べる際もスムーズに調べられるのではないかと思います。理解されている方も、整理する意味で保険のタイプをもう一度確認しましょう。

・生命保険
人の生死に関して一定金額の保険金を支払う契約
EX.) 終身保険、定期保険、養老保険など

・損害保険
偶然の事故によって生じる実際の損害に応じて保険金を支払う契約
EX.) 火災保険、自動車保険、損害賠償保険など

・第三分野の保険
生命保険と傷害保険のいずれにも属さない、人のケガや病気などに備える契約
EX.) 傷害保険、医療保険、がん保険、介護保険、所得補償保険など

このように保険は3つのタイプに分かれていますが、保険というと生命保険をイメージされる方も多いかと思います。今回は、この生命保険について仕組みを理解して行きましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-314