【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

人気は養老保険から終身保険に。 それでも利用目的は同じ?


イメージ画像

養老保険は払い損がない商品?

養老保険は、死亡保険金と満期保険金が同額になる事は先程のイメージ図で確認した通りです。その特徴を生かして、養老保険は保険料のムダが出ない商品で払い損がないと紹介されることがままありました。現在人気の終身保険も同じようにセースルトークが使われています。

保険商品は、相互扶助の精神で成り立っているので、養老だから、終身だから、定期保険だから、という違いで損得が生じるわけがありませんが、我々日本人の感覚からすると、掛捨ては損であり貯蓄型はお得という意識があるのは確かだと思いますし、その意識を否定する必要はないと筆者は考えています。

問題点は、保険で『貯蓄』を考える契約者の意識

筆者が問題だと考えるのは、保険で『貯蓄』を考える契約者の意識です。

単純な例で考えてみて下さい。職場内の会費で、退職時のお祝金のみを賄う場合には一人当たりの負担額は極めて安いものになりますが、会費で誕生日のお祝いも毎月の飲み会も賄おうと思えば、一人当たりの負担額はおのずと高くなります。

一回の集金で多くを望むならば、それに応じて会費(保険料)もおのずと高くなっていきます。その仕組みは保険においても同じです。そして項目が多くなるほどお金の内訳は分かりづらくなり、費用と効果が不透明になってしまいます。

現在の低金利では、銀行預金よりも保険での貯蓄の方が表面上お得に見えるかもしれませんが、この低金利下において終身におよぶ長期間の固定金利での契約そのものが本当に将来においても有利なのかは判断出来ないと思います。

保険の精神は相互扶助であって、万が一に対する備えのはずです。 にも関わらず、我々契約者は過剰な期待を保険に掛けてしまってはいないでしょうか。

最後に

経済には神の見えざる手が働いて最適に調整されると言われていますが、こと日本の保険事情にとっては保険会社と保険契約者との間に情報格差が大き過ぎるため、適正な調節がなされていないように筆者は感じています。

保険会社に責を求めるのではなく、我々契約者(消費者)が正しい理解に努め、金融リテラシーを向上させることで、養老保険、終身保険に限らず、本当の安心を享受できる日がやってくるのではないかと考えています。

主力商品や人気商品が良い商品であるとは限りません。自分が加入している保険についてどれだけ内容を把握していますか?なんとなく保険に入っておけば安心、という意識では万が一の際に役立たない事もあり得ます。

人気商品が養老保険から終身保険に代わっても、契約者の意図なく、保険会社に進められるがままに加入していると、むしろ安心から遠ざかってしまうのではないでしょうか。

ぜひ自身の金融リテラシー向上を図って、よりよい生活を送って欲しいと思います。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-320