あ行か行さ行た行な行 | は行 | ま行や行ら行わ行


「は行」から始まる保険用語

■被保険者

契約者がかける保険の対象になる人。損害保険においては、保険の対象となる事由(保険事故)が発生した場合に保険金を受け取る人である。生命保険においては、保険事故の発生の対象となり、その人の生死によって保険金の支払いが発生する人。損害保険契約の被保険者に該当するものは生命保険では保険金受取人という。

■ファイナンシャルプランナー

顧客に対して資産状況等を考慮し、それを基に将来のライフプランニングに即したアドバイスや資金計画を行う国家資格を有する人。

■変動金利

金利情勢によって定期的に適用利率が変動するものをいう。これに対して、当初の金利が適用期間中ずっと続くものを「固定金利」という。どちらの金利水準についても、その時々のマーケット動向を反映して決定される。

■保険期間

保険会社が契約者に対して保険金や給付金の支払い等の責任を負う期間。一般的に保険期間中であっても、保険料が支払われていない場合には、たとえ保険事故が発生したとしても、保険会社は責任を負わないと定めている。

■保険金

被保険者が死亡もしくは障がいが残るような保険事故が発生した際に保険会社から受け取り人に支払われるお金。保険事故が発生した場合だけではなく、満期まで被保険者が生存した場合にも支払われる。

■保険証券

保険の申し込みの後その契約の内容を証明するために保険会社が作成する書面。実務では,保険契約者の請求の有無にかかわらず保険証券を発行するのが通例である。保険証券の交付は保険契約の成立要件ではなく,また効力発生の要件でもないため、契約内容に関する証拠証券であるにすぎないとされている。

■保険年度

保険契約上の契約日または契約応当日から起算して次に来る年単位の契約応当日の前日までの1年ごとの期間。保険機関の契約日から起算して満1年を第1保険年度、それ以降を第2保険年度、第3保険年度と呼称する。

■保険料

保険の加入者が保険会社に支払う料金。生命保険においては被保険者が将来亡くなった時に満期時に支払われる保険金の財源になる部分(純保険料)と、保険制度を維持するための費用の部分(付加保険料)に2つに分類することができる。


 

あ行か行さ行た行な行 | は行 | ま行や行ら行わ行