【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

2人に1人がガンになる? ガン保険は必要なの?


『いまや国民の2人に1人がガンに罹る時代、ガンと闘う人を応援します』

いま巷で、このようなCMやパンフレットを目にすることが多くなってきました。読者の方もガン保険のCMや存在を知らない人は少ないのではないでしょうか?

筆者も、2人に1人がガンを患うなら保険で備えておきたいと考え、ガン保険について考えてみました。

ガン保険の商品概要、データの検証、筆者の考えをまとめていきたいと思います。

ガン保険の商品概要

ガン保険から受け取る保険金は、大別して4つがあります。

(1)ガン診断給付金…ガンと診断された時に一時金が支払われます。約100万円程のまとまった金額が支払われるのをイメージして頂くと分かりやすいと思います。

(2)ガン入院給付金…ガンで入院している間は、ずっーと入院給付金が貰えます。入院日額1万円というイメージです。

(3)ガン手術給付金…治療目的の手術を受けた場合、1回の手術につき10万円というイメージです。

(4)ガン死亡保険金…ガンで死亡したときにはガン死亡保険金を、ガン以外で死亡したときは普通死亡保険金を受け取れる種類もあります。ガン死亡保険金は100万円、普通死亡保険金は10万円というイメージです。

主だったガン保険の保障内容はこの4つの組み合わせになり、商品によっては診断給付金がなかったり、ガン死亡保険金がなかったりします。

ガン保険の主な保障内容ガン保険の主な保障内容生命保険文化センター ガン保険より引用

この主契約以外にも、(1)ガン先進医療に備える特約や(2)再発後の生活保障に備える特約、(3)女性特有のガン(乳ガン・子宮ガン・卵巣ガン)に備える特約などもあります。

ガン保険は、契約日から3か月などの待機期間があります。この期間中にガンと診断されても保障の対象とならず、契約は無効となります。新規契約の場合には事前に注意をし、ガン保険を乗り換える場合には、以前のガン保険をすぐに解約しない工夫が必要です。

ガン保険 契約日と保険開始日ガン保険 契約日と保険開始日生命保険文化センター ガン保険より引用

 



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-213