【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

所得補償保険はどんな保険なの?


『所得補償保険』は、会社員や自営業者などが病気やケガで仕事ができなくなった場合に収入を補ってくれる保険です。被保険者の「働けない期間」に備える保険です。

似たような名称の保険で『収入保障保険』 がありますが、これは別の保険です。『収入保障保険』というのは、会社員や自営業者などが死亡または高度障害になった場合において、残された家族の生活費用を補う保険であるからです。

本日は、 『所得補償保険』についてまとめていきます。
image64

所得補償保険とは?

所得補償保険は、企業の福利厚生として利用されていた制度が起源となっています。団体長期障害所得補償保険とも呼ばれ、在職中にケガや病気により働けなくなった場合に、収入の一部を補償する保険制度です。

この制度を損害保険会社が「所得補償保険」として販売しています。

一般的な所得補償保険は、被保険者が病気やケガによる入院や通院、自宅療養で働くことができなくなった場合に、税込み年収の約60%が補償され、一定期間、毎月一定の金額を受け取ることができます。

また、どの様な理由で就労不能状態になっても保険の対象となります。就労不能状態になった時の所得減少をカバーする保険として「所得補償保険」は利用されています。

上記のことから、自分の減った収入を補ってくれる保険だと理解していただければよいでしょう。

公的な保険にも同じような保障があります。所得補償保険と重複する保障内容も多いので同時に確認しておきましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-272