【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

意外に知らない!?社会保険料の中身


毎月の給与明細を見ると、当たり前のように差し引かれている社会保険料。しかし、その社会保険料がどんな役割を持ったもので、保険料がどのように決まっているのか、聞いたことがないという人は多いのではないかと思います。また、雇用保険、健康保険、介護保険などその種類は多くあり、知識が曖昧なところもあるのではないでしょうか。

今回はその社会保険について、もう一度整理する意味でまとめさせていただきます。

■そもそも社会保険料とは?

社会保険とは強制的に加入する保障制度のことをいいます。さまざまなリスクに備えて、社会生活を営む人が多数集まり、保険料を拠出して共通の準備財産をつくり、個々人の経済生活を安定したものにしようとする仕組みです。

社会保険は、医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5種類があります。具体的には、ケガ、病気、介護、障害、老後、失業、労働災害、死亡など社会保険で保障される分野は非常に幅広く、なにか困った時に保障が受けられます。それでは、社会保険制度の全体像を見てみましょう。

社会保険の全体像社会保険の全体像(筆者作成)

このように、一言で社会保険といっても、様々な名称があり、よく分かりません。次のページにて、私たちに関係の深いサラリーマンの保険料についてみていきましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-194