【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

厚生年金の基礎知識


あなたは厚生年金についてご存知ですか。毎月給与から天引きされていますが、あまり深くご存知ではないと思います。世間では年金問題がいろいろと話題となってますが、本日は厚生年金とは何か、基本的なところを分かりやすくお伝えします。

■厚生年金とは?

厚生年金は簡単に言いますと、会社のサラリーマンや役員のための年金制度です。公的年金の制度には次の3種類があり、日本国内に住所のあるすべての人が加入を義務づけられています。その人の働き方により加入する年金制度が決まっています。

1)国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
2)厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人
3)共済年金   公務員・私立学校教職員など
image-photo
国民年金は年金の基礎となる部分で、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と種類も分かれいて、どの制度に加入するかで保険料の納め方が異なります。

1)第1号被保険者

(対象者) 農業等に従事する人、学生、フリーター、無職の人など。

(保険料について) 納付書による納付や口座振替など、自分で納めます。学生など、納められないときは免除や納付猶予の仕組みがあります。

2)第2号被保険者

(対象者) 厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する人。自動的に国民年金にも加入することになります。ただし、65歳以上で老齢年金を受ける人を除きます。

(保険料について) 勤務する事業所が本人の給与から天引きして納付します。

3)第3号被保険者

(対象者) 第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人。ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。

(保険料について) 自己負担はありません。

それでは、次のページで公的年金制度の全体像を見てみましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-228