【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

国民年金いくらもらえるの?


■増えつつある若者の負担

最近、「老後に国民年金が充分にもらえない可能性がある」と雑誌やネットなどでよく言われてます。

国民年金は65歳以上のシニア世代の生活費を若い世代が支えあう制度ですが、現在は若者2-3人に付き1人のシニア世代を支えてる状態です。今後、急速に高齢化が進み、やがて「1人の若者が1人の高齢者を支える」という厳しい社会が訪れると財務省は予想しています。

少子高齢化による若者への負担
少子高齢化による若者への負担 (出典:財務省ホームページより)

はたして国は国民年金を支払い続けることができるのでしょうか。まずは、どの程度のペースで高齢化が進んでいるかを見てみましょう。

■加速する少子高齢化

今後、日本の高齢化は先進国でも最も速く進行する見込みです。高齢者の人口増加により、年金、医療、介護など現在のサービス水準を維持するだけでも、税金を毎年1兆円以上も増やしていく必要があるそうです。この財源を確保できなければ、社会保障制度の維持が難しくなります。つまり国民年金の制度が崩壊してしまう恐れがあるのです。
進みゆく高齢化と増える社会保障費

進みゆく高齢化と増える社会保障費
(出典:財務省ホームページより)

年々増えゆく社会保障費を補うため、2014年4月より消費税が5%から8%に引き上げられ、2015年度より相続税が改正されるなど、増税することにより財源確保を図っています。毎年支払う金額が増え、私たちの負担額は非常に大きくなっていきます。

このような厳しい状況ですが、将来どれくらい国民年金を受け取ることができるのでしょうか。まずは、公的年金制度の仕組みを見てみます。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-HO-234