【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

雇用保険の全体像とは?


雇用保険は、失業した時、再就職する支援金として国から出される失業給付金です。しかし、雇用保険は在職中でも活用できることを知ってましたか?

雇用保険は、かつての法律名称が失業保険だったので、失業時の保険と考える方が多いと思います。現在の雇用保険は、雇用機会の拡大、失業の防止、労働者の能力開発など、雇用対策を実現するための制度となっています。また、育児や介護休業をした場合、また再雇用により60歳以上の給与低下分を補完する雇用継続給付など、在職中に受けられるサービスは多数あります。今回は雇用保険の全体像を見ていきます。

■雇用保険の全体像

それでは雇用保険の全体像を見てみましょう。雇用保険は大きく分けて「求職者給付」「就職促進給付」「教育訓練給付」「雇用継続給付」の4つが柱となります。下記がその概要図です。

雇用保険制度の概要雇用保険制度の概要(出典:ハローワークHPより引用)

こちらが雇用保険の全体図となりますが、失業時に給付される「基本手当」以外にも給付の種類がいくつもあるようです。次のページからそれぞれの役割を見ていきましょう。

■雇用保険のそれぞれの役割

それでは、雇用保険のそれぞれの役割を見ていきましょう。まずはじめに、雇用保険の中で一番知られている求職者給付です。失業したら、まずはじめにこちらの制度を利用します。手続きはハローワークにて行います。

1)求職者給付

「基本手当」、いわゆる失業手当のことです。支給される金額、期間は在職した会社の勤務状況で変わります。自己都合より会社都合退職のほうが給付内容が手厚くなっています。また「技能修得手当」は 次の仕事を探すため、技能習得を支援する仕組みです。厚生労働大臣の指定教育訓練が対象ですが、各種資格試験講座があります。受講した日に支給され、訓練施設に通うための通勤手当も支給されます。その他、「傷病手当」といって、基本手当に代わるものとして 、病気やケガで就職できない場合に支給されます。

次からは、知っていると知らないのでは大きな違いが生まれます。失業中早く仕事が決まった、在職中でも雇用保険制度が受けられる、もしくは60歳以降の再雇用時に使えるなど、知っておくと役に立ちます。

2)就職促進給付

失業中で、基本手当期間中に再就職をした場合、一定額が支給されます。「就業促進手当」と呼び、早く再就職が決まったお祝い金のようなものです。また、職業訓練を受けるためや紹介された職業へ就くための「引越し費用」、交通費などの「移転費」、広範囲で求職活動をする場合の「広域求職活動費」などが支給されます。

3)教育訓練給付

こちらは在職中に受けられる雇用保険制度の一つで、従業員の教育に対して、雇用保険が費用を補助してくれます。厚生労働大臣の指定教育訓練が対象となりますが、パソコンスキル・英語検定・簿記などの各種資格試験講座が受けれます。

4)雇用継続給付

60歳以上65歳未満の従業員が再雇用で働いた時、かつ60歳の時より給与が低い場合、減額された給与の一部を補助する制度があります。

その他「育児休業給付」といって、国の子育て支援対策の一つで、 育児休業中の従業員の給与の一部を補助してくれたり、 一定範囲の家族を介護するために、休業した従業員の給与の一部を補助してくれる「介護休業給付」などもあります。

■雇用保険とは

雇用保険とは、失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日も早く再就職できるよう支援する制度です。その他、雇用機会の拡大を促したり、失業の防止策や労働者の能力の開発など、雇用対策を実現するための制度です。仕事に意欲的に取り組みたい、前向きに能力を高めたい方とっての国の補助制度でもありますので、積極的に活用しましょう。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-286