【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

損害保険は種類がたくさん! こんなにある損害保険


損害保険の対象

損害保険は海上保険がスタートということもあり、マリン分野とノンマリン分野に分けられています。

マリン分野

・海上保険

あまり馴染みの無い保険分野だと思います。主に海の上での事故に備えた保険で船主や荷主、汽船会社などが加入しています。法人向けの保険と言えそうです。

筆者が海上保険で思い浮かべるのは、『海賊とよばれた男』という出光興産を扱った小説で「東京海上火災保険が あえて法律違反を犯してでも海上保険を引き受け、無事に日章丸がイランから石油を運べた」という一文でした。

普段、馴染みの無い海上保険ですが、私達の生活を支えてくれているようです。

ノンマリン分野

・自賠責保険

自動車や原付バイクを買った人は強制加入の保険です。

・自動車保険

自賠責保険では物損事故のみは対象外のために、任意保険として多くのドライバーが加入しています。対物・対人保険とも言います。

・火災保険

住宅や店舗などの火災に備える保険です。先述しましたが、損害保険でも歴史の古い保険です。

・地震保険

地震・津波・噴火による火災は、一般的に火災保険で保障されないため火災保険と併用するケースが多くあります。損害保険料率算出機構では、2012年度の火災保険新規契約者のうち地震保険にも加入した割合は56.5%となっています。阪神淡路大震災や東日本大震災をきっかけに、加入の機運が高まっています。

・傷害保険

「急激・偶然・外来の事故(突発的に、たまたま、身体の外部からの作用によって生じる事故)」によりケガをした結果、入院・通院したり、死亡したりした場合などに保険金が支払われる保険です。*病気による入院は対象外です。

・医療保険

医療保険は、ケガや病気の結果、入院・通院した場合などに保険金が支払われる保険です。種類が豊富でガン保険や先進医療保険などがあります。

・旅行保険

旅行中に被ったケガによる死亡・後遺障害・治療費用のほか、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを補償する保険です。クレジットカードにもよく旅行保険が付いています。

・個人賠償責任保険

個人が、日常生活で誤って他人にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりして、法律上の損害賠償責任を負った場合の損害を補償する保険です。自転車保険などがあります。

・所得補償保険

怪我や病気で働けなくなった時に、保険金として一定金額を月額で受け取れる民間の保険です。就業不能期間の収入減少に備える保険です。

・ペット保険

ペットは全額が自費診療のため、治療費が高額になります。ペットも家族の一員として保険に入っているケースがあります。比較的新しい保険です。

・ゴルフ保険

プレー中の怪我はもちろん、ゴルフ用品の盗難・破損、ホールインワンのお祝いに要した費用を保障してくれます。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-271