【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

理解しておくべき「社会保険制度」の全体像


image24

皆さんは日本の社会保険制度がどういったものかご存知ですか?

おそらくあまり知らないという人がほとんどなのではないでしょうか。

今回は、社会保険の概要について説明してきたいと思います。ひとつひとつについて説明していくととても細かくなってしまい、わかりずらくなりますので、全体像について話をいたします。

日本は世界有数の社会福祉が充実している国だといわれていますので、社会保険の制度をしっかり把握したうえで、スマートな生活設計を考えていただければと思います。

1.社会保険とは

「社会保険」は「社会保障制度」において「公的扶助」「社会福祉」「公衆衛生」と並んで、国民個人の経済的保障のための4つ目の柱として定義付けられています。個人では対処しきれない事由に対して、国または集団で救済することを目的とした制度です。

2.社会保険の種類

社会保険には労働保険(労災保険と雇用保険)、医療保険、年金保険、介護保険といった種類があります。

(1)労働保険

●労災保険

労災保険は労働者災害補償保険の略称で仕事中もしくは仕事が原因の怪我や病気をしてしまったときに、国から治療費や治療中の賃金を保証してもらえる制度です。

●雇用保険

雇用保険とはいわゆる失業保険といわれるもので、失業した場合に一定期間金銭の受給を受けることができる制度です。

(2)医療保険

医療保険とは国民健康保険等の、業務以外で病気や怪我をした場合に治療費の補てんをする制度です。特に高額療養費制度については、生命保険の加入を検討する際にはしっかりおさえておきたいものです。

(3)年金保険

年金保険は「国民年金」「厚生年金」「共済年金」等の制度で構成され、20歳以上60歳未満の国民は原則、全員の加入が義務付けられています。

(4)介護保険

介護保険制度は国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として、介護が必要な人たちに介護サービスを提供します。

3.生活保護との違い

社会保障制度の中の公的扶助に「生活保護」があります。社会保険と混同されやすいのでここでは3点の違いをご説明します。

●目的

生活保障は最低限度の生活を保障するための制度ですが、社会保険は病気や怪我等の生活するうえでのリスクによる損失の補てんを目的としています。

●対象となる人

生活保護はすべての国民が支給対象になるのに対して、社会保険は保険料を負担している人が対象になります。

●受給要件

生活保護は資産の調査を行ったうえで、あらかじめ定められている最低生活に基づいた金額の不足分が支給されますが、社会保険は一定の要件を満たせばその人の所得に基づいた金額が支給されます。

4.社会保険の現状

少子高齢化の影響で社会保障給付費は増加傾向にあります。以下のグラフは2001年から2011年までの10年間の間の社会保障給付費の推移のグラフになります。

社会保障給付費の推移社会保障給付費の推移
国立社会保障・人口問題研究所

年々増え続けていて、10年間で20兆円も増えています。今後より一層高齢化が進むにつれて社会保障給付が増えていくことが予想されます。社会保障費の7割を社会保険関係の費用が占めているので、それにともなって社会保険の制度が変わっていくことも考えられます。

将来を考えるために制度をしっかり理解するのと同時に、どう変わっていくのか見守る必要があると思います。



保険メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-HO-321